花粉症のメカニズム




私達の体にとって花粉は「外敵」です。
花粉が体内に入ると、それを排除しようと免疫反応が起こり、IgE抗体と呼ばれる花粉に含まれる抗原に対する抗体が作られます。「鼻水」や「なみだ」は入ってきた花粉を洗い流し、くしゃみは花粉が体内に入ろうとしているのを吹き飛ばします。この免疫反応は通常は誰でもおこりますが、しかし、免疫が過剰に反応して体でおこるのが「花粉症」なのです。

IgE抗体は花粉を吸うたびに増え続け、あるレベルに達するとアレルギー反応を起こす準備が整います。
さらに、花粉が侵入しようとすると激しく拒否反応を引き起こし、ひどい鼻水、くしゃみといった症状となって現れるのです。

マスクやメガネなどで花粉を体内に入れないことが大事です。





                                戻る
   Copyright © 2007 Horie Yakkyoku All rights reserved