Q&A



Q1 調剤薬局とは?
医療機関で発行された「処方せん」を基に、薬剤を調剤し、患者に適切な薬剤を提供する医療機関です。
「処方せん受付け」の看板のある薬局が調剤薬局であり、看板があればどこの薬局でも調剤、投薬ができます。



Q2 基準薬局とは?
この制度は、どの医療機関の処方せんでも、薬剤師が責任をもって調剤すること、患者さんの薬歴簿(お薬の使用の履歴など)を作成すること等、皆様のためになる薬局業務を積極的に行う薬局を薬剤師会が「基準薬局」として認定するものです。
堀江薬局は社団法人・大阪府薬剤師会が認定した基準薬局です。

基準薬局の目印です


Q3 かかりつけ薬局を決めておくメリットは?
病院や診療所で発行された処方せんを、いつもその薬局に持っていって調剤してもらう様にしておけば、薬暦簿(お薬の使用の履歴など)から、薬の重複や飲みあわせ(相互作用)などによる副作用が避けられます。
市販のOTC薬も扱っている薬局ならば、調剤薬とOTC薬との飲みあわせもチェックできますし、薬や健康全般についてもじっくり相談できます。



Q4 お薬を扱う店ならどこでも調剤してもらえるのですか?
くすり屋さんには薬局と薬店があります。「保険薬局」「保険調剤」「処方せん受付」などの表示のある薬局であればどこでも調剤してもらえます。薬店では調剤できませんのでご注意下さい。かかりつけ薬局を作っておかれると便利です。


Q5 調剤薬局ではいつでも調剤してくれるのですか?
処方せんは交付日を含めて原則4日以内が有効です。また、有効期限を指定した処方せんはその有効期限内ならいつでも調剤します。もし薬剤師が不在で調剤できない時は責任を持って調剤ができる薬局をご紹介します。


Q6 院外処方せんとは?

病院や診療所でお薬をもらう代わりに、街のかかりつけ薬局でお薬をもらうための処方せんです 。


Q7 ジェネリック医薬品とは?
新薬の特許が切れた後に発売される、同じ成分で自己負担の少ない(価格の安い)後発医薬品の事です。
研究開発や臨床試験の費用がかからないため、ブランド商品と比較し大幅に安価で製造・販売が可能なのです。
   Copyright © 2007 Horie Yakkyoku All rights reserved